この曲、なあに?

【 ちょっと寄り道・・・この曲なあに?  】 2022.1(NO.46)〜
→この曲、なあに? 2014.7(NO.1)〜2016.11(NO.15)掲載分はこちらをご覧ください。
→この曲、なあに? 2017.1(NO.16)〜2019.5(NO.30)掲載分はこちらをご覧ください。
→この曲、なあに? 2019.7(NO.31)〜2021.5(NO.45)掲載分はこちらをご覧ください。

♪ No.46 ♪(2022.1.1〜2.28)


ワルツ・レント(メリカント1868-1924フィンランド)
オスカル・メリカントはフィンランドの作曲家で、シベリウスの三才下である。素朴で温かみのある音楽が特徴。多くの作品を作曲したが、残念ながら、作品のほとんどは知られていない。この「ワルツレント」がメリカントの名を有名にしたと言えるだろう。この「ワルツレント」は口ずさみたくなるような優しくロマンチックな歌のようなメロディで始まる。音数が少ないので譜読みは易しいが、単調にならないように歌うのが難しい。

♪ No.47 ♪(2022.3.1〜4.30)


楽興の時 第3番(シューベルト)
「楽興の時」というのは、19世紀に主としてピアノ曲のジャンルで広まった性格小品の一種で、シューベルトは1823年頃にこのタイトルの小品を6曲書いている。この第3番は1823年に出版された他の作品集に「ロシア風エール」というタイトルで既に収録されていた。2分ほどの小さな曲だが、6曲の中で最も有名な曲である。単純な伴奏に乗って歌われる旋律は愛らしく広く親しまれている。

♪ No.48 ♪(2022.5.1〜6.30)


ソナタホ長調 K380(スカルラッティ)
ドメニコ・スカルラッティは有名な作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティの子として1685年イタリアのナポリに生まれた。スカルラッティ家はバッハ家やクープラン家と同様に音楽家の一族であった。スカルラッティは鍵盤楽器のためのソナタを555曲作曲した。このK380は行進の小太鼓や笛を連想させることから「行列」という通称がある。明るく伸びやかな旋律と生き生きとしたリズムが印象的な曲で、単一楽章で短いことから、アンコールで演奏されることも多く、スカルラッティのソナタの中では最も有名な曲といえる。

♪ No.49 ♪(2022.7.1〜8.31)


ゴリウォーグのケークウォーク(ドビュッシー1862-1918フランス)
ドビュッシーが愛娘シュシュのために作曲した全6曲からなる「子供の領分」の最後を飾る曲。ゴリウォーグは当時流行った黒人の人形で、元は絵本のキャラクター。シュシュが大好きだったゴリウォーグが踊りだすイメージで作曲された。ドビュッシーが当時興味を持っていたアメリカのダンス『ケークウォーク』の音楽をヒントに書かれた独特のリズムのコミカルな作品である。

♪ No.50 ♪(2022.9.1〜10.31)


()